MENU

Pythonを用いた簡易セルフ聴力検査システムーwinsound.Beep

はじめに

最近周りの人の声が聞きづらいと思い、自分で簡易的に聴力検査できるものがほしいと思い、こちらを作成しました。

 

システムの内容

今回作成する簡易的な聴力検査システムの概要は以下です。

  • 125、250、500、1000、2000、4000、8000Hzのビープ音を発する
  • ボタンを押すとビープ音が3秒間流れる

今回、7種類の周波数を用意しましたが、一般的な健康診断では1000Hzと4000Hzの音を聞くようです。

kaiseihp.jp

 

上記の内容で作成したシステムの動作を動画で録画しました。

youtube.com

 

Pythonコード

作成した簡易セルフ聴力検査システムのPythonコードは以下です。

#必要なモジュールのインストール
import tkinter
import winsound
#ビープ音を流す時間[msec] sec=3000 #125Hzのビープ音を3000msec流す関数 def btn_125(): winsound.Beep(125,sec) #250Hzのビープ音を3000msec流す関数 def btn_250(): winsound.Beep(250,sec) #500Hzのビープ音を3000msec流す関数 def btn_500(): winsound.Beep(500,sec) #1000Hzのビープ音を3000msec流す関数 def btn_1000(): winsound.Beep(1000,sec) #2000Hzのビープ音を3000msec流す関数 def btn_2000(): winsound.Beep(2000,sec) #4000Hzのビープ音を3000msec流す関数 def btn_4000(): winsound.Beep(4000,sec) #8000Hzのビープ音を3000msec流す関数 def btn_8000(): winsound.Beep(8000,sec) # 画面作成 tki = tkinter.Tk() tki.geometry('300x380') tki.title('簡易セルフ聴力検査') #ユーザーインターフェースの設定値 font=5 width=20 bd=3 afg='white' abg='gray21' # ラベルの設定 lbl = tkinter.Label(tki, text='簡易セルフ聴力検査です。',font=font) lbl.grid(column=0,row=0) lbl = tkinter.Label(tki, text='以下の7つの周波数の音を聞いてください。',font=font) lbl.grid(column=0,row=1) lbl = tkinter.Label(tki, text='ボタンを押すと3秒間音が鳴ります。',font=font) lbl.grid(column=0,row=2) lbl = tkinter.Label(tki, text='※一般的には1000、4000Hzを使用',font=font) lbl.grid(column=0,row=3) lbl = tkinter.Label(tki, text='',font=font) lbl.grid(column=0,row=4) lbl = tkinter.Label(tki, text='※これは簡易的なものです。',font=font) lbl.grid(column=0,row=12) #ボタンの設定 btn125 = tkinter.Button(tki, text='125Hz', command=btn_125,width=width,bd=bd, activeforeground=afg,activebackground=abg,font=font) btn125.grid(column=0,row=5) btn250 = tkinter.Button(tki, text='250Hz', command=btn_250,width=width,bd=bd, activeforeground=afg,activebackground=abg,font=font) btn250.grid(column=0,row=6) btn500 = tkinter.Button(tki, text='500Hz', command=btn_500,width=width,bd=bd, activeforeground=afg,activebackground=abg,font=font) btn500.grid(column=0,row=7) btn1000 = tkinter.Button(tki, text='1000Hz', command=btn_1000,width=width,bd=bd, activeforeground=afg,activebackground=abg,font=font) btn1000.grid(column=0,row=8) btn2000 = tkinter.Button(tki, text='2000Hz', command=btn_2000,width=width,bd=bd, activeforeground=afg,activebackground=abg,font=font) btn2000.grid(column=0,row=9) btn4000 = tkinter.Button(tki, text='4000Hz', command=btn_4000,width=width,bd=bd, activeforeground=afg,activebackground=abg,font=font) btn4000.grid(column=0,row=10) btn8000 = tkinter.Button(tki, text='8000Hz', command=btn_8000,width=width,bd=bd, activeforeground=afg,activebackground=abg,font=font) btn8000.grid(column=0,row=11) tki.mainloop()

 

winsound.Beepに音の周波数と音の発する継続時間を渡します。

import winsound
frequency = 1000
duration = 2000
winsound.Beep(frequency, duration)

 

exeファイルの公開

Pythonをインストールしてない人でも使えるようにexe化したものをGithubで公開していますので、以下からダウンロードして使ってみてください。

github.com

 

おわりに

自分で簡易的に聴力検査できるシステムの内容と、Pythonコードを示しました。皆さんの開発の役に立てば幸いです。